ffe9f292-3f67-4c06-b463-6dc28e2ecd24
Co-Founder COO
KOICHIRO TAWA
奈良県出身。神戸大学経営学部卒業後、株式会社博報堂に入社。大手自動車会社や人材斡旋会社、ウェブ・モバイル系ベンチャーや海外の通信会社などのプロモーション領域を担当。また、入社初年度から全社横断の新規事業開発業務にも従事。2012年に退職し、株式会社TIMERSを共同創業。

 

  • Q.どんな子供時代を過ごしていましたか?

    ドラクエが好きすぎて、小学校3年生くらいから毎日ドラクエの攻略サイトをつくっていました。発売日の何日前に入手できるかをお店に交渉し、手に入れてはすぐに攻略して攻略情報をアップする。レンタル掲示板やCGIチャットを設置しては、遊びにきてくれる人とネットで交流したり、ドラクエのライトノベルを書いて公開してみたり。毎日サイトのアクセスカウンターを見るのが楽しみでした笑。月9のドラマも、テレビを見ながら、PCのチャットで知らない人と一緒にツッコミを入れて盛り上がる、そんな小学校時代でしたね。中学に入り、野球ばかりでPCを触る時間は減ったのですが、そういう時期にインターネットと出会ったことが、自分の価値観にも少なからず影響を与えているように思います。

  • Q.広告会社を辞め、起業に至った経緯を教えてください。

    広告会社にはアイデア溢れる人や仕事ができる人がたくさんいてとても楽しく仕事ができる環境でした。ただ、最終的に社会に広まっていくべきなのは顧客が作っている商品・サービスなんですよね。それを実感する内に、もっと社会に広がっていく価値・体験自体にコミットして、社会や人間の未来にちゃんと向きあっていきたいなと思うようになりました。そう考えると、やっぱりサービス・事業自体や新しい雇用をつくっていく側に回るべきだろうと。そして、人はいつか死ぬわけですし、中途半端にやってもしょうがない。やるからには、TOYOTAやDeNAなどを超えるような事業会社・組織をつくって社会に価値を生み出していく、そんな挑戦をしようと他のメンバーとともに起業することにしました。学生の頃は『MBA』みたいなキャリアを考えてたのですが、もう全く違う人生になってますね笑。

  • Q.どんな人と一緒に働きたいですか?

    『社会やユーザーにとって提供する価値が本当に喜ばれるものか』という点をとことん突き詰めて考えることができる人と一緒に働きたいですね。新しいサービスを考える上でも、また、サービスの機能追加や改善をする上でも、自分たちが提供している価値・体験に心から『誇り』を持てるかどうかは、その視点を持って突き詰めたアウトプットかどうかというところで変わってくると思っています。

  • Q.コミュニケーションをとる上で大事にしていること・大切だと思うことは?

    『相手の意見に耳を傾け、正確に理解すること』ですね。当たり前のことじゃないかと言われそうですが、『なぜこの人はそれを言っているのか』をきちんと想像したり、確認したりすることが中途半端だと、有意義な会話・議論ができないと思っています。伝えることばかりを考えるよりも、まず理解しようとする姿勢を持てるメンバーが多ければ多いほど、チーム全体のコミュニケーションも円滑になると思っています。

  • Q.仕事以外で何かしていることはありますか?

    映画と料理はいい意味で『刺激』になっていると思います。数字ばかり見ていてもやっぱり駄目だと思うので、物語や表情・感情を垣間見ることができる映画からは、いつも学びや気付きを得たりしています。また、料理は、全ての人の生活サイクルの中で簡単にできる『自分の手で何かを工夫して生み出す』という唯一の機会だと思うんですよね。失敗した時のリスクも大きくないので、如何に工夫して効率的に美味しいものを作るか、と考えて色々と試行錯誤できるのは楽しいですね。

 

Member

Wanted

全職種を積極採用中!

Timersでは各職種を積極採用中!

エンジニア・デザイナー・ディレクター・コーポレートなど、各職種を積極採用中です。圧倒的な成長を遂げてプロフェッショナルとなり、信頼できる仲間と共にプロダクトに専念したい人をお待ちしています。