ブログ

BLOG

中小企業が経理アウトソーシングを活用するメリット・デメリットと選び方ガイド

経理

中小企業にとって経理業務の効率化は大きな課題です。経理アウトソーシングを活用すれば経理業務の負担を軽減し、コスト削減や業務の質向上を図ることができます。

本記事では、経理アウトソーシングが向いている中小企業の特徴やメリット、デメリット、サービスの選び方について詳しく解説します。

経理業務のアウトソーシングを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること

  • 経理アウトソーシングが中小企業に適している理由
  • 中小企業が経理アウトソーシングを導入するメリットとデメリット
  • アウトソーシングを活用するならFammアシスタントオンラインがおすすめ

経理のアウトソーシングが向いている中小企業

経理アウトソーシングとは、企業の経理業務を外部に委託するサービスです。

帳簿作成、決算処理、税務申告など、経理に関する一連の業務を代行してもらうことができます

経理アウトソーシングの活用が向いているのは以下のような企業です。

  • 経理業務が兼任になっている企業
  • 経理担当者が1人で全ての業務を行っている企業
  • 経理業務の品質向上やコスト削減を図りたい企業

それぞれ詳しく解説していきます。

経理業務が兼任になっている企業

中小企業では限られた人員とコストの中で効率的に業務を遂行しなければならないため、経理業務が他の業務と兼任になっているケースが少なくありません

例えば、経理担当者が総務や人事など複数の業務を一人で担当している場合などです。

兼任体制は人件費を抑えられる反面、経理業務に十分な時間を割けずにミスや遅れが生じやすくなるという課題があります。

こうした課題を解決するために経理アウトソーシングの活用が有効です。

専門知識を持つアウトソーシング会社に経理業務を任せることで、業務の質を高めリスク管理を実現できます

経理担当者が1人で全ての業務を行っている企業

中小企業で経理担当者が1人で全ての業務を行っている場合、業務負担が増加します

経理業務は多岐にわたり、日々の記帳から決算、税務申告まで幅広い知識と作業が求められます。また、経理担当者が休暇や急な欠勤の際には業務が滞ってしまう、経理業務が属人化するなどのリスクもあります。

経理アウトソーシングを活用すれば、業務負担の軽減や属人化防止、リスク管理などが実現できます。

経理業務の品質向上やコスト削減を図りたい企業

中小企業にとって経理業務の品質向上とコスト削減は重要な課題です。限られた人員とリソースの中で効率的かつ正確な経理処理を行うことは容易ではありません。

経理アウトソーシングでは知識豊富なスタッフが業務を代行するため、品質向上が実現できます。

さらに、新たに経理担当者を雇用する必要がなく採用や教育にかかる費用を抑えられ、コスト削減にもつながります。アウトソーシング会社は効率的な業務プロセスを持っているため、全体的なコストの最適化も可能です。

中小企業が経理アウトソーシングするメリット

経理アウトソーシングは、中小企業にとって以下のようなメリットをもたらします。

  • 経理の人材不足を回避できる
  • 担当者の退職リスクを回避できる
  • コスト削減につながる
  • 税制に関する法律など専門性の高いサービスが受けられる
  • 経理業務の質が上がる

ここでは、中小企業が経理アウトソーシングを活用することで得られる主なメリットについて詳しく解説します。

経理の人材不足を回避できる

経理担当者の人材確保が課題となっている中小企業では、経理アウトソーシングの活用で経理の人材不足を効果的に回避できます。経理担当者は専門的な知識やスキルを求められるため、経理業務を問題なく遂行できる人材を見つけるのは容易ではありません。

アウトソーシング会社は経理に精通しているスタッフを多数抱えているため、アウトソーシング会社を利用すれば高い専門性を持つ人材に安心して経理業務を任せることができます。

退職リスクを回避できる

自社で経理担当者を雇用している場合、その人が突然退職してしまうと業務に大きな支障をきたします

特に、経理業務は継続性が重要であり、担当者不在のまま放置することはできません。しかし、中小企業では人員に余裕がないため、すぐに代替要員を確保するのは難しいのが実情です。

こうしたリスクを回避するために、経理アウトソーシングが有効です。アウトソーシング会社は、複数の経理知識豊富なスタッフを抱えているため、担当者が退職してもすぐに代わりの人材を割り当てられます

コスト削減につながる

中小企業が経理アウトソーシングを活用することで、コスト削減を実現できるのもメリットです。

自社で経理担当者を雇用する場合、給与や福利厚生などの人件費に加え、必要なソフトウェアや機器の導入、オフィススペースの確保などにもコストが発生します。一方、アウトソーシングを利用すれば、これらの費用を大幅に抑えられます。

アウトソーシング会社は多くの企業から業務を受託しているため、スケールメリットを活かして効率的に業務を遂行できます。また、経理業務の繁閑に合わせて柔軟に人員を調整できるため、コストを抑えることが可能です。

さらにアウトソーシング会社は業務の効率化に長けているため、同じ業務量をこなすのに必要な工数が少なくて済みます。このようにアウトソーシングを利用すれば無駄な支出の削減と、効率的な経理体制の構築が期待できます。

税制に関する法律など専門性の高いサービスが受けられる

経理業務には、税法や会計基準など高度な専門知識が必要であり、専門知識なしで経理業務を行うとミスや法令違反のリスクが高まります。しかし、中小企業においてそうした知識を持つ人材を社内で確保するのは容易ではありません。

経理アウトソーシング会社は税務や会計に精通したスタッフを多数抱えているため、知見を活かせます。

専門知識のある経理アウトソーシングを活用すれば、最新の税制改正や会計基準の変更に対応しながら適切な経理処理を行ってくれます。複雑な税務問題にも対応してもらえるため、法令違反のリスクを抑えることも可能です。

さらに、戦略的な税務アドバイスを得られるのも大きなメリットといえるでしょう。

経理業務の質が上がる

中小企業が経理アウトソーシングを活用することで、経理業務の質を大幅に向上させられます。

アウトソーシング会社には経理業務のノウハウが蓄積されており、専門知識と豊富な経験を活かして、正確かつ効率的な経理業務を提供してくれます

また、アウトソーシング業者は最新の会計ソフトウェアや自動化ツールを導入している場合が多く、手作業によるミスを減らし、業務の効率と正確性を高めることができます

中小企業が経理アウトソーシングするデメリット

経理アウトソーシングは中小企業にとって多くのメリットをもたらしますが、一方で以下のようなデメリットも存在します。

  • 機密情報の漏洩リスクがある
  • 社内に経理に関するノウハウが蓄積されない
  • 業務委託費用がかかる

アウトソーシングを検討する際は、これらのデメリットを理解し、自社の状況に合わせて判断することが重要です。

機密情報の漏洩リスクがある

中小企業が経理アウトソーシングを導入する際の大きなデメリットの一つに、機密情報の漏洩リスクがあります。

経理業務には、取引先情報や経営状況など企業の機密情報が多く含まれています。アウトソーシングを活用するためには、業者との密接な連携が不可欠ですが、情報セキュリティ対策が不十分な会社を選んでしまうとスタッフの不注意や管理体制の甘さから、大切な情報が流出してしまうリスクがあるのです。

漏洩リスクを回避するためには、信頼できるアウトソーシング会社の選定や、機密保持契約締結などの対策が必要です。

社内に経理に関するノウハウが蓄積されない

社内に経理に関するノウハウが蓄積されない点もデメリットの一つです。

経理業務を外部に委託すると経理に関する知識や経験が社内に蓄積されづらくなります。将来的に企業規模が拡大した場合など社内の経理部門を設置または拡大する際、ノウハウがない状態から業務体制を構築しなければならないリスクにつながります。

アウトソーシング会社と連携し、作業マニュアルや処理履歴を共有してもらうことでノウハウの一部を社内に蓄積することが大切です。

業務委託費用がかかる

業務委託費用がかかることにも注意が必要です。

経理業務を外部に委託することで専門的なサービスを受けられますが、その分費用が発生します。特に委託する業務の範囲や自社の従業員規模によって費用が変動するため、予算管理が重要です。

例えば、全ての経理業務をアウトソーシングする場合と一部の業務のみを委託する場合では、費用に大きな差が生じます。また、アウトソーシング会社によっては、従業員数に応じて料金が設定されている場合もあります。

そのため、事前に詳細な見積もりを取得し、どのくらいの費用がかかるかをシミュレーションすることが大切です。

経理アウトソーシングサービスの費用目安

経理アウトソーシングサービスの費用は、依頼する企業の規模や提供されるサービスの内容によって違います

一般的な費用相場を以下の表にまとめました。

月額料金

従業員規模

代行業務のサービス内容

10万円台

〜20名

振込、請求書発行、請求書メール送信、売上伝票計上、給与・経費振込など

20〜50名

会計入力、月次・年次決算、売掛金・買掛金管理、請求書発行・発送、ネットバンキング振込データ登録、資金繰り表作成、給与・賞与計算、入退社管理、年末調整業務など

50名以上

記帳、振込、給与計算、経理業務の見直し(コンサルタント業務)など

20万円台

〜20名

会計入力、月次・年次決算、売掛金・買掛金管理、請求書発行・発送、ネットバンキング振込データ登録、資金繰り表作成、給与・賞与計算、入退社管理、年末調整業務など

20〜80名

振込、売掛金消込、請求書発行・発送、給与・経費振込、外部への資料共有など

80名以上

手書きの売上伝票の集計など

30万円台

〜20名

月次決算に至る経理フローの整理・改善、及び決算業務の代行など

20〜50名

月次決算・売上請求書発行と集計・支払いデータの作成と集計など

自社の規模や必要なサービス内容に応じて、最適なアウトソーシングサービスを選ぶことが重要です。

事前に詳細な見積もりを取得し、費用対効果を十分に検討することをおすすめめします。

経理アウトソーシングサービスの選び方

経理アウトソーシングサービスを導入する際は、自社のニーズに合ったサービスを選ぶことが重要です。単に費用の安さだけで判断するのではなく、サービスの質や対応の柔軟性なども考慮しましょう。

ここでは、経理アウトソーシングサービスを選ぶ際のポイントを紹介します。

  • 依頼したい業務内容があるか
  • セキュリティ体制が整っているか
  • コミュニケーションが取りやすいか
  • 資格やスキルを保有しているか
  • 実績があるか

自社に最適な経理アウトソーシングサービスを選ぶために、これらの観点を参考にしてみてください。

依頼したい業務内容があるか

経理アウトソーシングサービスを選ぶ際には、まず依頼したい業務内容が対応可能かどうかの確認が重要です。

経理業務と一口に言っても、その範囲は非常に広く、代行企業によって対応できる業務内容や範囲は異なります。

例えば、経費精算、記帳代行、伝票処理、給与計算、決算業務など、さまざまなサービスがあります。まず、自社でどの業務が負担になっているかを明確にし、その業務をアウトソーシングすることでどれだけの効果が得られるかを検討しましょう。

次に各代行企業の対応可能な業務範囲をチェックし、自社のニーズに合ったサービスを提供しているかを確認します。特に「オールインワン」と宣伝されている場合でも、具体的な業務範囲を詳細に確認することが重要です。

また、業者のWebサイトや資料で確認できない場合でも、個別の相談で対応してくれる可能性があります。アウトソーシング会社の担当者に直接問い合わせて自社のニーズにどこまで応えてくれるのかを確認することをおすすめします。

セキュリティ体制が整っているか

経理アウトソーシングサービスを選ぶ際の重要なポイントの一つが、アウトソーシング会社のセキュリティ体制が整っているかどうかです。

経理業務を外部に委託すれば、自社の機密情報である売上データや取引先情報などを、第三者であるアウトソーシング会社に開示します。万が一、この情報が流出してしまえば、企業の信用を大きく失うリスクがあります

そのため、アウトソーシング会社を選定する際には、情報管理体制とセキュリティ対策が徹底されているかを確認する必要があります。具体的には、以下の点をチェックすることが重要です。

  • パスワードの暗号化やアクセス制限など、情報漏洩防止策が講じられているか
  • スタッフの情報リテラシーが高く、セキュリティ教育が行われているか
  • プライバシーマークやISO27001などの第三者認証を取得しているか

情報セキュリティに関する具体的な対策方針をアウトソーシング会社に事前に確認しましょう。機密情報を安心して預けられる会社を選ぶことが大切です。

コミュニケーションが取りやすいか

経理アウトソーシングサービスを選ぶ際の重要なポイントの一つが、コミュニケーションがスムーズに取れるかどうかです。

経理業務をアウトソーシングすると必要書類やデータの授受、進捗状況の確認、問題発生時の対応などのやり取りが頻繁に発生します。

このコミュニケーションがスムーズでないと業務が遅延したり、二重処理が発生したりするなど、トラブルの原因になりかねません

そのため、アウトソーシング会社選定の際には、以下の点の確認が重要です。

  • メール、チャットツール、電話など、自社に合ったコミュニケーション手段が用意されているか
  • 問い合わせや質問に対する対応が迅速か
  • 自社の業務内容や風土を理解し、寄り添った提案をしてくれるか

特にサポート体制が充実しているかどうかは重視すべきポイントです。24時間対応や連絡手段の多様性、対応の速さなどを比較し、運用時のトラブルにも素早く対処できる会社を選びましょう。

資格やスキルを保有しているか

経理アウトソーシングサービスを選ぶ際には、アウトソーシング会社が資格やスキルを保有しているかどうかを確認することが重要です。

特に、税理士業務(税務代行、税務書類の作成、税務相談)には税理士資格が必要であり、無資格者が行うことは法律で禁止されています。

まず、業者が簿記や税理士・公認会計士といった専門資格を保有しているかを確認しましょう。

そして資格が必要な業務以外の日常業務(記帳、給与計算、決算書作成など)については、実務スキルも重要です。

資格と実務スキルの両方を兼ね備えたアウトソーシング会社を選ぶことで、信頼性の高いサービスが期待できます。

実績があるか

経理アウトソーシングサービスを選ぶ際の重要なポイントとして、アウトソーシング会社の実績の有無が挙げられます。

実績が豊富な業者であれば、経験が長くノウハウが蓄積されているため、高品質なサービスを期待できるでしょう。一方、実績が乏しい会社を選んでしまうと、経理処理のミスや対応の遅れなどトラブルが発生するリスクがあります

そのため、アウトソーシング会社を選ぶ際には、これまでの実績や経験年数、取引実績などを確認することが重要です。

多くの業者は、Webサイトなどで実績を公開しているため、以下の点をチェックしましょう。

  • 設立年数や事業年数が長いか
  • 取引実績の件数が多いか
  • 大手企業や上場企業との取引実績があるか
  • 自社と同業種や同規模の企業との取引実績があるか

また、単に件数が多いだけでなく、継続率の高さも実績の指標です。長年にわたり多くの企業から支持されているアウトソーシング会社であれば、サービスの質が高いと判断できます。

おすすめの経理アウトソーシングサービス

経理アウトソーシングサービスにはさまざまな業者がありますが、ここでは中小企業におすすめのサービスを3つ紹介します。

サービス内容や料金、強みなどを確認し、自社に最適なサービスを選んでみてください。

  • Fammアシスタントオンライン
  • HELP YOU
  • 経理業務プロ

Fammアシスタントオンライン

 

Fammアシスタントオンラインは、中小企業や個人事業主向けに幅広い業務をサポートするオンラインアシスタントサービスです。

幅広い業務に対応し、高い専門性と経験を持つアシスタントが在籍しています。

セキュリティ対策も万全で、柔軟なコミュニケーション手段を提供しており、コストパフォーマンスにも優れているのが特徴です。

中小企業や個人事業主にとって、業務効率化とコスト削減を実現するための有力な選択肢といえるでしょう。

サービス内容

  • 事務業務: データ入力、会議資料作成、メール返信
  •  秘書業務: スケジュール調整、電話・メール代行
  • 経理サポート: 領収書処理、請求書処理
  • Webデザイン: サイト更新、コーディング
  • 動画編集: 商品紹介動画、販促動画
  • SNS運用: アカウント管理、投稿プラン作成
  • 営業事務: 営業リスト作成、広告データ管理
  • 人事業務: 採用サポート、労務管理

料金プラン

1ヵ月お試し:40,000円

3ヵ月プラン:月額90,000円

6ヵ月プラン:月額84,000円

12ヵ月プラン:月額78,000円

セキュリティ体制

  • 秘密情報保持契約(NDA): 自社とアシスタント、運営企業間で二重に締結
  • セキュリティ対策: 使用するパソコンのセキュリティ対策、アシスタントの情報管理能力の確認

コミュニケーション方法

  • ビジネスチャットツール: Slack、Chatwork、LINE
  • 直接コミュニケーション: 依頼者とアシスタントで直接やり取りし、Fammが適切に仲介

資格やスキル

  • 大手企業での勤務経験: 実務経験3〜5年以上のアシスタントが中心
  • 多彩なスキル: 経理業務、振込処理・支払い業務など
  • 継続的な教育: 専門知識とスキルの維持・向上

実績

  • 累計導入企業数: 200社以上
  • 運営実績: 2021年からサービスを開始し、3年以上の運営実績

公式サイト:株式会社Timers「Fammアシスタントオンライン」

 

HELP YOU

 

HELP YOUは、幅広い業務に対応し、高い専門性と経験を持つアシスタントが在籍するオンラインアシスタントサービスです。

セキュリティ対策も万全で、柔軟なコミュニケーション手段を提供しており、コストパフォーマンスにも優れています

中小企業や個人事業主にとって、業務効率化とコスト削減を実現するための有力な選択肢です。

サービス内容

  • 事務業務、秘書業務、経理サポート、Webサイト運用、営業事務、人事業務など多岐にわたるサービスを展開
  • 経理サポート内容:領収書処理、請求書処理、記帳、会計ソフト入力、経費精算チェック、仕訳伝票作成など

料金プラン

チームプラン:10万円/30時間、15万円/45時間

1名専属プラン:15万円/45時間、20万円/60時間

セキュリティ体制

  • 秘密情報保持契約(NDA): 自社とアシスタント、運営企業間で二重に締結
  • セキュリティ対策: 使用するパソコンのセキュリティ対策、アシスタントの情報管理能力の確認
  • 第三者認証: Pマーク(プライバシーマーク)

コミュニケーション方法

  • 担当ディレクターが依頼者の要望に沿ったアシスタントを集め業務をサポート

資格やスキル

  • 大手企業での勤務経験: 実務経験3〜5年以上のアシスタント
  • 多彩なスキル: 米国公認会計士資格、TOEIC900点以上、データ集計による分析レポートなど多彩なスキル保有者が多数在籍

実績

  • 累計導入企業数: 700社以上
  • 運営実績: 2015年からサービスを開始
  • 受賞歴: 総務省事業テレワーク先駆者百選「総務大臣賞」、ホワイト企業アワード「働きがい部門」、ホワイト企業認定「ゴールド認定」など

公式サイト:株式会社ニット「HELP YOU」

経理業務プロ

 

経理業務プロは、シスプロ(SYSPRO)が提供する経理アウトソーシングサービスです。

セキュリティ対策も万全で、柔軟なコミュニケーション手段を提供しており、コストパフォーマンスにも優れています。

中小企業や個人事業主にとって業務効率化とコスト削減を実現するための有力な選択肢となる経理アウトソーシングです。

サービス内容

  • 経理業務全般のアウトソーシング: 領収書や請求書の仕訳入力、請求書の発行、入金消込、月次決算のための資料作成
  • 振込手数料削減サービス: 振込手数料の最適化
  •  給与計算アウトソーシング: 給与計算、給与明細の発行(web給与明細も対応可能)
  • 勤怠管理の提案: 勤怠管理システムの導入支援

料金プラン

仕訳(記帳)業務

  • 100仕訳まで 100 円
  • 101~200仕訳 90 円
  • 201~300仕訳 85 円
  • 301~400仕訳 80 円
  • 401仕訳~ 70 円

請求書発行:基本料金30,000円

仮払・立替精算:基本料金10,000円

セキュリティ体制

  • 第三者認証: Pマーク(プライバシーマーク)を取得

コミュニケーション方法

要お問い合わせ

資格やスキル

  • 多彩なスキル: 経理、財務、給与計算、勤怠管理など

実績

  • 東京、大阪、名古屋、福岡を拠点に全国をカバー
  • 運営実績: 2017年からのサービス開始実績

公式サイト:株式会社 シスプロ「経理業務プロ」

まとめ:中小企業の経理業務を効率化するなら経理アウトソーシングがおすすめ

経理アウトソーシングは、人材不足の解消、退職リスクの回避、コスト削減、専門性の高いサービスの提供、そして経理業務の質の向上など中小企業にとって多くのメリットをもたらします。

一方で、機密情報の漏洩リスクや社内にノウハウが蓄積されないといったデメリットも存在しますが、適切な対策を講じることでこれらのリスクを抑えることが可能です。

経理アウトソーシングサービスを選ぶ際には、依頼したい業務内容、セキュリティ体制、コミュニケーションの取りやすさ、資格やスキル、実績を確認しましょう。

Fammアシスタントオンラインでは、幅広い業務に対応し、高い専門性と経験を持つアシスタントが在籍するオンラインアシスタントサービスを展開しています。

中小企業の経理業務効率化やコスト削減を検討している場合には、ぜひFammアシスタントオンラインの利用を検討してみてください

ページ上部へ戻る