ブログ

BLOG

経理アウトソーシングとは|依頼できる業務や料金相場を徹底解説

経理

経理アウトソーシングとは、企業の経理業務を専門性の高い外部の会社に委託することです。経理アウトソーシングを活用すれば複雑な経費計算や関連部署との情報連携などの業務を効率化できます。自社で経理担当を設ける必要がないため、人材を他の業務にまわせるのもメリットです。本記事では、経理アウトソーシングで依頼できる業務や失敗しない選び方、おすすめの経理アウトソーシングサービス会社を解説します。

この記事でわかること

  • 経理アウトソーシングで依頼できる業務
  • 経理アウトソーシングの失敗しない選び方
  • 経理アウトソーシングを活用するならFammアシスタントオンラインがおすすめ

経理アウトソーシングとは

経理アウトソーシングとは、企業内の経理業務を専門性の高い外部の会社に委託することです。アウトソーシングする場合は、経理業務の一部、またはすべての業務の代行を委託します。アウトソーシングを上手く活用すれば自社のリソースを節約でき、業務の効率化につながります。

経理アウトソーシングで依頼できる業務

経理アウトソーシングで依頼できる業務の例は以下の通りです。

  • 経費清算
  • 請求書・納品書などの発行
  • 給与計算・支払い
  • データ作成
  • 証憑処理
  • 決算書作成・決算申告
  • 年末調整
  • 売掛金・買掛金管理

経理アウトソーシングの種類

経理アウトソーシングには、大きく分けると以下の2種類があります。

  • 常駐型
  • リモート型

それぞれ詳しく見ていきましょう。

常駐型

常駐型は、経理業務が可能なスタッフを派遣してもらう形のアウトソーシングです。常駐型のメリットは、担当者と社内で直接やり取りできるためコミュニケーションがスムーズに行えることです。情報共有の段階で認識のズレをなくし、業務の効率性と正確性を高いレベルで実現できます。

また、外部にデータを転送せずに済むため、情報が漏れるリスクを最小化できる点もメリットです。一方デメリットとしては、外注費用が高くなりやすい点が挙げられます。

リモート型

リモート型は外注先のスタッフとオンライン上でデータを共有し、業務を進める形のアウトソーシングです。業務進捗をオンラインで確認できるため、経理業務を効率的に進められます。スタッフが来社することはないため、デスクやパソコンなどを準備する必要はありません。

一方、スタッフとオンラインでやり取りするため依頼したい業務内容を、具体的かつ明確に指示する必要があります。

経理アウトソーシングの料金相場

以下の業務内容別に経理アウトソーシングの料金相場を解説します。

  • 記帳代行
  • 給与計算
  • 決算代行

業務別での料金は以下の通りです。

記帳代行の料金相場

仕訳数

月額料金

〜100仕訳

約10,000円

101〜200仕訳

約15,000円

201〜300仕訳

約20,000円

301〜400仕訳

約25,000円

記帳代行の費用は、取引の数に比例して増大します。

給与計算の外注の料金相場

従業員数

費用

10〜50人

給与計算のみ:月額4〜10万円

オプション(年末調整・住民税の更新など):10〜20万円

100名以上

月額35万円以上(オプション込み)

給与計算のみ外注する場合は比較的低コストで利用できますが、オプションを付けると費用は割高になります。

決算代行の料金相場

経理代行会社

5〜20万円

税理士・会計事務所

15〜25万円

決算代行は、会社の決算書作成や法人税、消費税などの申告を実施してもらえます。依頼する業務範囲によって料金に大きな差が生じるのが特徴です。

経理アウトソーシングを利用するメリット

経理アウトソーシングを利用するメリットは以下の4つです。

  • 人手不足を解消できる
  • 法改正などの変化に柔軟に対応できる
  • コア業務に専念できる
  • 経理業務の属人化を防げる

上記のメリットが自社にマッチしているかを検討しましょう。

人手不足を解消できる

経理アウトソーシングで得られる大きなメリットは、人手不足の解消です。担当者の人件費はもちろん、パソコンやソフトウェアの準備など作業環境を整えるコスト、さらには担当者の教育や研修の費用も発生します。経理業務をアウトソーシングすることで、これらのコストを大幅に削減できます。

法改正などの変化に柔軟に対応できる

人事や労務関連の法制度は頻繁に変更がありますが、経理業務をアウトソーシングすれば法改正や制度改正に漏れなく対応できるのがメリットです。社会保険料率の変更や適用時期を見逃すとトラブルになりがちですが、これらのリスクを未然に防げます。毎年変更されるような手続きには、手間と時間がかかります。万が一見落としてしまうと、経費計算のミスにつながるため、専門のサービスを利用するのがおすすめです。

コア業務に専念できる

経理業務は毎月発生する業務で、なおかつ高い専門性が必要です。経理アウトソーシングで、経費計算や仕訳入力に割いていたリソースが浮き、より多くのリソースをコア業務や人材育成にまわせます。

経理業務の属人化を防げる

経理業務は細かな処理が求められ、かつ専門性が高い業務といえます。ゆえに人材の確保や育成も容易ではありません。そのため、属人化しやすい業務といえます。

属人化してしまうと担当者が不在になった場合に業務が止まるリスクも潜んでいます。属人化対策を行うと他の従業員が同じクオリティで経理業務が可能です。

経理アウトソーシングを利用するデメリット

経理アウトソーシングを利用するデメリットには以下の3つが挙げられます。

  • 自社にノウハウが蓄積されない
  • 情報漏えいの可能性がある
  • 柔軟な対応ができない場合がある

デメリットを考慮したうえで、経理アウトソーシングを利用するか検討してみてください。

自社にノウハウが蓄積されない

経理業務を全般的に外注する場合は、自社内にノウハウが蓄積されない問題が生じます。

今まで蓄積されていたノウハウが失われる可能性があり、アウトソーシング以降のノウハウは蓄積されづらくなってしまいます。経理業務のすべてではなく一部の業務のみ委託する、アウトソーシング会社のノウハウを吸収する仕組みを整えるなどの対策を行いましょう。

情報漏えいの可能性がある

経理業務をアウトソーシングすると、従業員の個人情報や給与データなどの情報を外部に持ち出すことになるため漏えいする可能性があります。アウトソーシング先の情報管理体制も十分に確認しましょう。

柔軟な対応ができない場合がある

経理代行会社は契約にもとづいて決まった業務を代行しているため、急いで行ってほしい作業がある場合、臨機応変に対応できない可能性があります。業務の状況や営業時間によっては、質問してもすぐに返答が得られるとは限りません。経理業務を委託する前に、業務対応の柔軟性や問い合わせへの対応について確認しておきましょう。

経理アウトソーシングの失敗しない選び方

経理アウトソーシングの失敗しない選び方のポイントは以下の通りです。

  • 導入実績があるか
  • コミュニケーションが取りやすいか
  • セキュリティ対策が十分にされているか

経理業務をアウトソーシングする際は、事前に解決したい課題や自社業務の改善点を明確にしておきましょう。

導入実績があるか

経理アウトソーシングを検討する際は、導入実績を公表している企業を選ぶのもポイントのひとつです。経理代行の実績数や運用年数を確認することで、信頼性やサービスの質を把握できます。

コミュニケーションが取りやすいか

経理代行会社と密なコミュニケーションを取って課題改善に取り組まなければ、アウトソーシングを成功させられません。問い合わせや無料相談の段階で、メール返信の早さ、コミュニケーションの取りやすさを確認しておきましょう。

セキュリティ対策が十分にされているか

経理業務をアウトソーシングする際は、セキュリティレベルが高い会社を選ぶことが重要です。セキュリティ体制が不十分な会社に依頼してしまうと、情報漏えいにつながり、従業員や外部からの信頼が低下します。ISMS認証やプライバシーマーク、機密保持契約など、セキュリティ体制が十分に整っている会社を選びましょう。

おすすめの経理アウトソーシングサービス会社

おすすめの経理アウトソーシングサービス会社は以下の10社です。

  • Fammアシスタントオンライン
  • メリービズ 経理アシスタント
  • CASTER BIZ accounting
  • Remoba経理
  • FOC経理アウトソーシング
  • MHCトリプルウィン
  • サンライズ・アカウンティング・インターナショナル
  • Bricks&UKアウトソーシング
  • 経理業務PRO
  • NTTビジネスアソシエ東日本

それぞれ詳しく解説します。

Fammアシスタントオンライン

Fammアシスタントオンラインは、経理業務や営業事務、人事業務などのバックオフィス業務をオンラインでアウトソーシングできるサービスです。初月は40,000円からトライアルもできます。

実務経験3〜5年以上の高いスキルを持ったアシスタントが多く所属しており、希望の「業務」「コスト」「稼働時間」のヒアリングを行った上でニーズに合ったプランを紹介しています。

経理サポート以外にもECショップ運用やSNS運用代行、広告運用サポートなども対応できるので、分野を問わずサービスを利用できます。

料金

初月40,000円/月~

3カ月プラン 90,000円/月

6カ月プラン 84,000円/月

9カ月プラン 78,000円/月

アウトソーシングできるサービス

給与計算、領収書処理、請求書処理

※要問い合せ

対応可能な企業規模

ベンチャー・中小企業〜大手企業

公式サイト

https://famm.us/ja/online-assistant

メリービズ 経理アシスタント

メリービズ 経理アシスタントは、仕訳入力や経費計算などの経理業務をアウトソーシングできるサービスです。実務経験が豊富なスタッフが全国に在籍しており、正確で丁寧な仕事が期待できます。

ベンチャー企業から大企業まで、さまざまな業種でもフルカスタマイズで対応できるのが特徴です。また、経理業務に関するコンサルティングも依頼でき、業務の属人化の防止にもつながります。

料金

要問い合わせ

アウトソーシングできるサービス

経費計算、帳票・仕訳入力、請求書発行、売掛・買掛管理、月次決算、クラウド会計導入支援・経理業務改善コンサルティング

対応可能な企業規模

ベンチャー〜大企業

公式サイト

https://merrybiz.jp/

CASTER BIZ accounting

CASTER BIZ accountingは、経理部の新規立ち上げから大企業の業務アウトソーシングまで幅広く対応可能です。事業特性や経理処理の難易度、ボリュームに応じて専門チームを最短3営業日で立ち上げます。

日常の仕訳だけでなく幅広い経理実務や業務コンサルティング、税理士連携まで対応可能です。また、経理クラウド化セミナーも開催しています。

料金

要問い合わせ

アウトソーシングできるサービス

経費精算、売上・請求業務、買掛・支払業務、月次処理・年次処理、IPO併走サポート、税理士対応、クラウド会計システム導入サポート、クラウドに強い税理士紹介、追加セキュリティ要件対応、経理業務コンサルティング

対応可能な企業規模

ベンチャー〜大企業

公式サイト

https://accounting.cast-er.com/

Remoba経理

Remoba経理は、請求書の発行から入金確認、経費計算などをアウトソーシングできるサービスです。独自の研修をクリアした経理の専門家が会計領域だけでなく、販売管理ソフトや労務ソフトと連携し効率化を実現します。

税理士とのコミュニケーションや業務プロセス改善サポートも可能です。また、完全オンライン化で進捗、会計データをいつでも好きなときに確認できます。

料金

従業員数15名以下

200,000円/月(6カ月プラン)

従業員数15〜50名

180,000円/月(12カ月プラン)

アウトソーシングできるサービス

経費管理、売上管理、支払管理、月次決算、顧問税理士とのコミュニケーション、確定申告補助業務、業務効率化提案・システム導入、資料スキャン・データ化・フォルダ分類/格納

対応可能な企業規模

ベンチャー〜中小企業

公式サイト

https://remoba.biz/accountant

FOC経理アウトソーシング

FOC経理アウトソーシングは、芙蓉アウトソーシング&コンサルティング株式会社が提供している経理に特化したアウトソーシングサービスです。公認会計士が在籍しており、マネジメントとコンサルティングを行っています。

経費計算や売掛金・買掛金管理、決算業務など、経理業務全般の代行が可能です。また、FOCの事務処理テストをクリアした事務スタッフがスピーディに事務処理を実施しています。

料金

要問い合わせ

アウトソーシングできるサービス

経費計算、売上・売掛金、仕入・購買・買掛、決算業務

対応可能な企業規模

中小企業〜大企業

公式サイト

https://www.noc-net.co.jp/account/

MHCトリプルウィン

MHCトリプルウィンは、給与計算や年末調整などの人事・給与アウトソーシングに対応しています。人事情報やマイナンバーの管理などもまとめて委託可能です。

料金

要問い合せ

アウトソーシングできるサービス

給与計算、年末調整、人事情報管理、マイナンバー情報管理

対応可能な企業規模

中小企業〜大企業

公式サイト

https://www.mhc-triplewin.co.jp/

サンライズ・アカウンティング・インターナショナル

サンライズ・アカウンティング・インターナショナルは、数名規模から1万人以上の大企業まで幅広く対応しているのが特徴です。公認会計士や税理士、USCPAなどの資格を持つスタッフが在籍しています。

英語が堪能なスタッフが多数在籍しているため、外資系企業も安心して経理業務を依頼できます。

料金

要問い合わせ

アウトソーシングできるサービス

経費精算、支払業務、現金出納、手形管理、請求書発行、買掛金売掛金管理、在庫管理、固定資産管理、年次月次決算、連結決算、開示業務、監査対応、消費税・法人税等税務申告サポート、デリバティブ取引管理、外貨建取引管理、企業買収、分割、解散、株式公開

対応可能な企業規模

ベンチャー企業〜大企業

公式サイト

https://www.sun-inter.jp/

Bricks&UKアウトソーシング

Bricks&UKアウトソーシングは、税理士法人が母体となっており、経験豊富なスタッフが多数在籍しているため質の高い経理業務が可能です。速やかに対応が必要な業務が発生した場合は、チャットツールである「Chatwork」やWeb会議ツール「Zoom」など、オンラインツールを使ったサポートを積極的に行っています。

問い合わせ窓口として担当者が1人付いており、電話やメール、チャットなどで気軽に相談できます。また、料金は後払い制で、契約期間の制約は一切ありません。1カ月試して合わなければ解約も可能です。

料金

要問い合わせ

アウトソーシングできるサービス

経費計算・給与振込、請求書発行・未収チェック、振込・支払い業務、資金に関する業務

対応可能な企業規模

ベンチャー企業〜中小企業

公式サイト

https://bricks-outsourcing.com/

経理業務PRO

経理業務PROは、株式会社シスプロが運営している経理アウトソーシングサービスです。経費計算や売上管理、月次決算など、複数の業務を組み合わせて依頼できます。東京、大阪、名古屋、福岡に拠点があり全国をカバーしています。また、Web請求書による代行も可能です。

料金

仕訳業務

100仕訳まで:100円

101〜200仕訳:90円

201〜300仕訳:85円

301〜400仕訳:80円

401仕訳〜:70円

請求書発行

基本価格:30,000円

単価:200円

仮払・立替精算

基本価格:10,000円

単価:150円

資金繰表等の作成

5,000円〜

アウトソーシングできるサービス

経費計算、給与計算、記帳代行、請求書発行業務、オンラインWeb請求書システム、買掛金・売掛金の管理、決算書の作成、その他

対応可能な企業規模

ベンチャー企業〜中小企業

公式サイト

https://www.keiri-syspro.net/

NTTビジネスアソシエ東日本

NTTビジネスアソシエ東日本は、一連の作業工程の中から、希望に合わせてパーツごとに発注する「オーダーメイド型」の委託が可能です。必要な分だけ業務をアウトソーシングできるので、無駄な費用が発生しません。

NTTグループにおける業務実績で培ったスキル・ノウハウを活用し、安定的な業務品質を実現しています。また、書類保管も対応しており、証拠書類の編綴や書類の電子化なども可能です。

料金

要問い合わせ

アウトソーシングできるサービス

経理データ入力、入力データチェック、支払データ作成、請求処理、入金処理、月次処理

対応可能な企業規模

中小企業〜大企業

公式サイト

https://www.nttba-east.co.jp/

経理アウトソーシングを活用して業務効率化を図ろう

経費計算は会社の規模が大きくなり従業員数が増えてくると、業務量が増え負担が増大します。法改正などの対応も必要になるため、担当者は最新の情報をキャッチアップして広範な業務を担う必要があります。

経理業務をアウトソーシングすると担当者の人件費はもちろん、パソコンやソフトウェアの準備など作業環境を整えるコストの削減が可能です。経理業務をアウトソーシングする際は、自社の規模に合わせてサービスを検討しましょう。

経費計算を外注したいならFammアシスタントオンラインがおすすめです。経験豊富なスタッフが中心となって業務を代行し、企業の経理業務に関する負担を軽減します。1カ月のトライアルプランを提供しているので、まずは気軽に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る